スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    巻きまくり。

    0
      昨日はいつもより早く、夜明け前を狙って行ってみました。
      いつもの如く短時間の釣行なので打つ釣りは捨て、巻きものオンリー。
      ロッドも小型プラグ用のスーパーレーザーショット、グラスのスーパーノバ・ハスキーの2本のみで勝負です。

      そしていつもの如く、護岸より1m弱離して平行にプロップマジック・ビッグバイトチャートを引きます。
      反応がないので、ちょっとオフショアへ投げて巻くと、



      またも、磯部っちになったような気にさせられるおちび君が・・・・・。

      あと、ハニースポットを攻めるが無反応なので、久々に猪名川の様子を見に行きます。





      到着し護岸を見ると珍しく誰もいません。貸切状態で喜びましたが、前日の雨で濁り、川でもターンオーバーするのかよく解りませんが、ルアーを引いた後、あの特有の泡が残ります。至って状態は悪そうです。

      まず下流側から攻めます。全くの無反応です。そして徐々に上流へ移動します。
      そしていつも小バスが見えるスポットに行きます。そしていつもの如く小バスが一匹いました。よっぽど居心地がいいのでしょうか。理由はまだ解りませんが、なにかがあるのでしょう。

      そしてそこよりちょっと上流側へ行くと足元に40〜50儖未慮颪・・・・



      よーみたら、琴奨菊並みにずっしりとしたバスでした。ここでこんなバス見たのは初めてです。
      条件反射的に「でかッ!」と叫んでしまうくらい、いかつい君でした。
      当然この状態では向こうからも丸見えで、しばらくすると深場へ消えて行きました。

      以前、マサルさんからこの場所を聞いていましたが、正直見たことが無かったので半信半疑でした。(マサルさんすいません。)
      でも、マジでした。もう、こんなん見たらいつもの野池は捨て、猪名川に通ってしまいそうです。
      しかし、見た感じでは、こいつを攻略するにはかなり手間がかかりそうです。


      SATANさんも一庫でスイムハスラーを使ってでかいの釣ってましたし、猪名川水系もかなり熱そうで燃えてきました。燃える闘魂、アントニオ猪木です。べたですが、今日はバージョンを変えてみました。


      さあ、今週末くらいから面白くなって来そうです。

      居場所不明。

      0
         昨日、また夜勤明けで近所の野池に行ってきました。
        しかし、11月に入ったにも関わらず、夏日みたいに太陽が照りつけてます。今年はちょっとおかしいですね〜。こう暑いとバス達もかなり影響を受けていそうです。

        池の状態ですが、風の影響で先日釣れたエリアを覆っていた枯れ蓮達は見事無くなっており、巻き物引きたい放題化になっています。

        一番バッターは、最近サーチベイト的に使っているプロップマジック。護岸沿いに生えているウィードのトップ面を確認していきます。手元にギルバイトの感覚は多数ありますが、バスは反応してくれません。
        いつも単体でいる小バスの姿が見えないので、ちょっとレンジを下げコンクラ180ダモンデだもんででグリグリ巻きます。

        1投目、ウィードをリーリングで切った瞬間、



        チビすぎます。
        あと、エリアを変えて巻きますが無反応。時間だけが過ぎ、短い小1時間の釣行は終了。

        いつものように巻物で攻めましたが、でかバスの居場所を掴む為、ライテキでウィードのエッジや穴、護岸の角や橋脚など縦の釣りでサーチしましたが、かすりもしません。

        いったいこの池のデカバスは何処にいるのか。存在が確認されているだけにストレスが溜まる一方、闘志も燃えてきます。燃える男、中畑清並みです。

        それにしても、この180君のウィードレス効果は抜群ですね〜。少量なら交わすかリップでちぎってくれます。流石琵琶湖で揉まれたクランクです。



        あ〜、流石に40UP釣りたくなってきました。久しぶりに1日中キャストしたい今日この頃です。




        夜勤明け。

        0
           久々に夜勤明け、相変わらず短時間ですが近所の野池に行ってきました。
          この池で釣ってる人ってマサルさんしか見たことないんですが、バスがおることは事実なんで通ってはいますが未だに釣ったことがありませんでした。

          雨の影響もあってか増水と濁りが入り、しかも夏場水面を覆っていたウィードが枯れ、その枯葉が風の影響で風下に集まって腐っているのでさらに水質が悪くなり、アオコが発生しています。
          そういう所は避け、ちょっとでも水質がよくウィードがまだ枯れていない場所を探して行くと、必ずと言っていいほどギルが泳いでいるので、そのウィードエッジをプロップマジックワカサギカラーでスローに通すと、



          何回かギルバイトがあった後、おちび君が喰って来ました。ここでの初バスです。
          その後何投かしましたが、ギルバイトもなくなりスレてしまったので、移動。

          次にオープンエリアの護岸沿いを、同じくワカサギカラーで攻めますがギルが追っかけてこないので、カラーをコットンキャンディーに換えてみます。
          再び護岸沿いを通すとギルが追っかけてきました。その瞬間、




          横からひったくる様に喰って来ました。
          ギルを食べる為食性のスイッチが入ったのか、ギルに餌を取られまいと競争反応にスイッチが入ったのか解りませんが、マサルさんが言ってた通り、この池もギルの反応がキーになってます。

          同じ様に護岸沿いを攻めますが反応が無いので終了。


          それにしてもほんとこのプロップマジックはやぶぁいです。
          サイズは選べないものの、今まで巻物で釣れなかったフィールドのバス達をいとも簡単にバイトさせてくれます。
          しかも、2枚目の写真はリアフックが取れてしまいましたが、サトシンさんの公言通り2匹とも見事にフロント、リアとも掛かってます。

          タックルは私の場合、ロッドはスーパーレーザーショット、リールは旧メタMGで使用しましたが、ロッドに関しては抜群に相性も良く、キャストからランディングまでストレスなく使えますが、リールに関しては、ギア比6.2:1の旧メタマグではよっぽどスローに引いてやらないと、速度が速すぎて直ぐにルアーがぶれてしまいます。サブサーフェス以外、ちょっと沈めて使用したい場合は、6.2:1のギア比では使いにくいです。
          今回は板オモリを貼って使用しましたが、こいつの為に軽くて使いやすいローギアのリールを買ってやろうかと思ってしまうくらいでした。

          あと、バスタークも投げてみましたが、下手くそ過ぎてなかなかキムケンさんみたいにうまくスプラッシュできません。もっと練習しないとダメですな、これは。
          それとバスタークの尻尾であるラビットゾンカーってのは、水質が悪い池で使った後は直ぐに水洗いしてやらないと、ほっておいたらパンツについた白い液体並みにカピカピになってしまいます。



          そして調子に乗ってスリザークも購入。横の奴はたまたまブログをみつけ読んでいたら非常に興味を惹かれたので購入。使ってみてよかったらまたインプレしてみますね。

          晩御飯。

          0
             

            初めてまともに晩御飯を作りました。
            毎晩寝る前に子供に絵本を読んでやるのですが、その中にトマト嫌いの女の子にパパがトマトスープを飲ませる本があって、その本の最後のページにレシピが載っているので、それを見た息子達が作れ作れと。
            その横で妻が便乗して子供達を煽ったので収まりがつかず、仕方なしに作ることに。
            野菜を細かく切り、煮込んだら思いのほか美味かったので、これはこれでおもろいな〜と、まんまと妻の策略にはまった私ですが、昨日はなかなか釣りに行けないので、普段いじめ倒しているルアー達のメンテナンスをしておりました。

            まあ、マジックとかではげた所を塗ったりしているだけですが・・・・





            そーいや最近キャスジグ投げてないな~。フローターの時はオーバーハングだらけのフィールドばかり行っては、スキッピングしかしてなかったのが懐かしいです。

            やっとですね〜。

            0
               

              キムケンさんの予告通り、昨日やっと店頭に並びましたね〜。
              たまたま昨日は夜勤明けだったので、あらゆる釣具屋に電話をしまくりなんとかGETできました。
              その後、息子達を病院に連れて行き、夜8時くらいに再度釣具屋に行ってみましたが、20個くらいあったバスタークが見事に消えていました。
              昼たしか3時くらいに購入したので、わずか5時間でこの売れよう。


              キムケンパワー恐るべしです。


              それにしてもこのシルエットといぼ。堪らんです。

              2011年10月9日 琵琶湖。

              0
                 
                8日の土曜日、子供の運動会をこなしてから仕事を終え、充分睡眠をとってから明け方4時くらいには琵琶湖に浮く計画が、歳で体力が落ちたせいか目覚めたのが5時前。

                慌ててどろんさんに遅刻メールを送り、急いで出発。
                この時、私の足はDr.スランプのキャラの駆け足みたいに回転していたと思います。

                そして5時半ごろ、どろんさんからのメール。今、起きましたのこと。ちょっとほっとしました。
                そんなやり取りをしながら7時前に琵琶湖に到着。見事に朝のフィーディングタイムを逃し、
                どろんさんは不運が重なり今回は来れず、最悪のスタートとなりました。

                今回の琵琶湖は、水温も20℃前後、水位はー25兪宛紂∧水量も50tと言う状態が続き、
                晴天でボディーウォーターも動いていないという悪条件でありながらも、水温が安定しているので
                秋の捕食パターンを意識し、ベイトの群れを捜しながら、風が吹けば巻きもんではめてやろうという戦略です。


                まず、山ノ下湾から山ノ下沖2m〜4mをチェックします。
                夏場、あのごつごつしたウィードの変化は消え、フラットが延々続きます。たまに変化があるウィードトップに、ベイトがついていたりいなかったりします。
                そんなピンスポットをシューティングみたいに狙い撃ちしないと釣れなさそうな雰囲気がぷんぷんです。
                それでも、そんな展開が我慢できない性分なので、D−ZONEを巻きまくります。後にこれが全ての失敗の原因になります。
                試しに、スワンプネコを投入すると、着底後アタリが。写真が無いですが30兪宛紊里ちびが釣れました。




                そして、一般的に釣れない時間帯に合わせ4本柱に向います。この時点で風は全く吹いていません。
                ここでは流石に大馬鹿野郎ではないので、柱へタイトに7gテキサスを落として行きますが、見ての通りプレッシャーが半端ありません。バスボート多過ぎです。全く持って無反応。
                2.3gのスモラバも落としてみますが、いらちが出てしまい、我慢できません。5mを2.3gで攻めることは私には出来ないみたいです。

                次は、山ノ下湾内のシャローエリアをチェックします。ボトム2m前後にウィードが水面下まで来ているエリアですが、夏ほど水面直下までウィードがあるわけではなく、エレキに絡まない程度まで減少していました。
                ここをプロップマジックでサーチしていきますが、結構ウィードが掛かりストレスが溜まります。なんでここをフロッグでドッグウォークさせなかったのか後悔してますが、初めて40前後のバスが追って来る姿が見れました。
                この時点で巻き物の反応はすこぶる悪いのが如実になりました。


                気がつけばもう12時過ぎ。ここで停泊し、飯を食いながら名鉄に上がるか、初めてのアクティバ前に行くかすこぶる悩みます。
                数十分悩んだ挙句、広範囲を把握しておきたかったので後者を選び、44lbのハンドエレキをフルスロットルします。

                アクティバ前は沖まで広大なウィードが広がっているエリアで、そのシャローをヘビテキで確認していきます。
                全く反応がないので、更に南下し雄琴港口のミオ筋のエッジ沿いを巻き物でチェックします。やっぱり無反応です。
                唯一ここはベイトの反応が良かったのでライトリグを落としますがダメです。周りのボートもみんなスピニングを握ってますが釣れてない様子。いったいどうしたら釣れるんでしょう。



                この時点でもう4時半。風も出てきたので最後の望みを掛け4本柱へ大移動です。
                5時くらいにやっと到着。その間何台バスボートに先を越されたことか。エレキの非力さを痛感し泣きそうになってしまいます。

                ここも魚探で見る限りはベイトは写っていませんが、望みを掛け柱に向かってタイトにテキサスを投下しますが、やはりダメでした。
                そして、最後のビックバイトを求め日が沈むまで山ノ下沖をD−ZONEで巻きまくりましたが、ドラマは起こりませんでした。




                あまり移動ぜず、ベイト反応があるエリアを根気よくライトリグで攻めていたら、もう少し釣れていたかもしれません。(泣)
                またまた後悔ですが今思えば、SPタイプのジャークベイトや、キッカーイーターみたいな3m前後を止めて食わせれるルアーで攻めていたら爆発していたような気がします。
                どうも、私は巻き物で釣りたい意欲が強すぎて、大した技量も無いくせに大物狙いに走ってしまうので、こういう目にあってばっかりです。

                プロのブログをチェックしたんですが、バスボートとかのハンディはあるものの、プロはしっかり巻物でゲストに釣らせています。
                今回はやはりベイトがキーだったと思いますが、ベイトの反応がいいエリアを絞り込み、そこにきっちりルアーを送り込む技術が長けているからこその釣果だと思います。やはりプロはプロです。



                私も、もうちょっとマルチプレイヤーになれるようにサティ〇ンに入ってマインドコントロールし、
                巻物病を治しますわ。












                連休。

                0
                   



                  今週末の子供の運動会が終わったら琵琶湖へ出撃予定。
                  その為昨晩は、大好きなSASUKEを観ながら大好きなバス釣りの準備をしておりました。
                  大好きなことを、しかもダブルでしていたので、私のテンションは絶頂。完全にヤバかったです。隣にいた妻を襲いそうになりました。ほんまヤバいです。

                  今回は秋シーズン入ということで、巻きまくってやろうと。天候、水温、水質等の条件さえ整えば、スイムハスラー6などのビッグベイトもはまるであろ〜と思っとります。
                  ウィードエッジ沿いを巻いて、笑うセールスマン並のドーンでイチコロです。意味解りません。




                  そして今日は昼休みの間ラインの補充に行ったら、EGさんの策略にまたハマりました。
                  HPの紹介からまだ日が浅いのに。また、無駄遣いをしてしまいました。

                  以前、大西君のガイドに行く時、
                  「ルドラ130SPよーいしておくれやしゃ。なんでか言うたら、このタイトなローリングアクションが琵琶バスには効くんですな。いまんとこ、このアクションをするジャークベイトっていったら、ルドラしかおまへんねん。あと、サイドステップ95ってあんねんけど、まだ発売するんは先なんやわ。だから、あんたらみたいな一般ピープルには手に入らん品物やねん。わかったか!そやからルドラ買えや!」
                  間違っても大西君はこんな口調で喋りませんが、このアクションがめっちゃ効くらしいので、それも引金になり買ってまいました。
                  う〜ん、だめだ。これ以上はやばい。


                  それにしても漆原君は凄過ぎですな。前人未到の2回完全制覇。
                  妻と一緒に泣きそうになりました。(完全にSASUKE馬鹿です。)
                  個人的にはクロネコ宅急便の運転手君を応援していたのに、1stで脱落。彼の怪力をもうちょっと見たかった。
                  それと、山田さんが案の定反り立つ壁で失敗した後のコメントがなんかいつもと違って、悟りを開いたかのような感じになってましたね〜。ほんとあの人面白い人ですね〜。

                  話しが脱線しすぎてすいませんでした。

                  こんなん買ってまうわ。

                  0
                     




                    このタッグでこんなDVD出されたら買ってしまいますわね。
                    今更って思う方もおられるかも知れませんが、
                    キムケンさんの理論ってほんま面白い。人気が出るのも納得です。





                    中にはこんなポイントマップが。
                    多分、有名所ばかりやと思うけど、これと杉戸船長の本があれば、南湖の攻略はほぼ完璧でしょうね。


                    あ、それとバイズシリーズに新しい仲間が増えるみたいです。11月発売を目標としてるらしいです。
                    また脆いんでしょうな。




                    それにしても、キムケンさんにイナバウワーやらしたら、オリジナル超えるんちゃうかな。

                    2011年9月23日、24日、25日 朝の猪名川。

                    0
                       

                      台風後の猪名川がどうなっているのかが気になり、いつもの通り朝だけ行ってきました。
                      台風直後の大氾濫からは少し落ち着きを見せたものの、やはり流れはきつく、台風前無数に居てた小バス達の姿は完全に消えていました。
                      対岸に投げたスイムハスラー6inも、流芯に差し掛かればいとも簡単に流されます。
                      次に上流側へ行ってみますが、




                      赤い線の所にあった陸地がごそっと削られていました。自然の力は恐ろし過ぎます。





                      ヌートリアン親子もぎゅうぎゅう詰めで避難。こっちがヒヤヒヤさせられます。

                      23、24日は全く釣りになりませんでした。25日はやっと濁り流れ共落ち着きを見せ釣れそうな感じでしたが、魚影、アタリもなく見事にデコりました。

                      大雨後,猪名川は必ず大氾濫するので、バス達は利倉くらいまで流されたかもと思っていたんですが、岸際のテトラを観察すると、流れを避け多数のベイトが泳いでいました。
                      バスも何処かであの激流を避け待避してると思うんですが、何処にいるのか探し出せませんでした。






                      スピニング。

                      0
                         先週に続き、またも猪名川に行きました。昨晩からの雨で流れもあってこれは釣れるだろうと思い現地へ。
                        しかし、ほぼノーカレント状態。水質もあまりよくないし無風。ヤバそうな感じ。折角の巻物ロッドも無駄になりそうだ。

                        まず一発目は、先週マサルさんに教えて頂いた㊙リグをキャスト。



                        私の姿が見えているにも関わらず、躊躇なく喰ってきた。このリグはホントに釣れますね〜。
                        あと2匹小バスを釣って、初めてのスモラバにチェンジ。

                        見え小バス軍団の脇へキャスト。ゆっくり沈ましすが、私が見えているせいで口を使わない。
                        次は木に隠れ、ブラインド気味にキャストし、底について障害物にスタックさせると




                        やっと喰ってきた。ちっさ過ぎますが、人生初のスモラバフィッシュ。トレーラーはバイズの3.5in。3節カットの縫刺しです。それにしても小さい・・・・。

                        ここで今日のパターンがある程度解ってしまい巻き物はあかんなと思いながらでも、マジックを期待しプロップマジックを投入。追いかけては来るもののやっぱり口を使わない。巻き物はダメと確信し、下流側へ移動。

                        下流側にはどこかで見たことのある先行者いる。あの帽子はやっぱりマサルさんだ。様子を聞くと、やっぱりダメみたいで、上流側より流れが無く、うまく口では言えないが、ドヨーンとしてほんとに釣れない雰囲気だ。
                        マサルさんと喋りながらスモラバをキャストすると、追いかけては来るものの最後で口を使わない。
                        ここで、仕事に行く時間になり仕方なく終了。


                        今日は上流で雨が降らなかったのか、思ったほど流れが無く、なかなか厳しい状態でした。これで風か雨でも降ってりゃもう少しマシかも知れませんが、ノーシンカー等をサスペンドさしてらやっと食うみたいなノリでした。30僖ラスの奴も何匹か見えましたが、私の姿を見つけると、他の小バスとは違って、着水音がしただけで逃げよりました。やはり、長生きしてる分だけかしこい奴らです。

                        それにしても、㊙ワームは末恐ろしい奴です。完全にバスは私が見えてたはずなのに、こいつには食って来ました。マサルさん、ほんといいこと教えてくれてありがとうございました。





                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        どうもです。

                        どんな記事がええんやろ

                        とりあえず・・・

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR