スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    仕事はじめ。

    0
      短い冬休みが終わり、今日から出勤です。

      昨年の29日にどろんさんと予定していた琵琶湖釣行は、急な仕事が入って行けなくなり、
      更に、年末年始の寒波で釣りに行く気にもなれず、釣り関してかなりストレスが溜まっています。
      29日の琵琶湖は、どろんさんはテトラさんと行かれたみたいで、ほっとしたやら、うらやましいやら複雑な気持ちですが、御二人とも、どうなったか早く知りたいので、ブログUPして下さ〜い!

      ということで残り年末の2日間は家の大掃除を行い、くたくたになりながら新年を迎えるはめに・・・・。





      1日は両家の実家へご挨拶。そして2日は我が家恒例の門戸厄神へ初詣。
      2日目でも猿団子状態。相変わらず凄い人気です。



      人ごみの中、子供と一緒に賽銭を投げ、神仏に願い事を唱えます。
      もちろん願い事は、家内安全、無病息災、家族4人が幸せに暮らせますようにつづき、テンコジかアナコンダバイスでIWGPタッグを奪取するようにやら(ムーンサルトプレスでベルト奪取しましたが。)、内藤哲也が武藤と同じく脳天ハゲになりそうやなとか(予想になってますが)etc・・・・・。煩悩が尽きませんが、締めは巻物でロクマルが釣れますようにと願いました。






      お礼の後は、これまた恒例のロウソクに火をつけ線香を焚いて、その煙を体に掛けます。
      ロウソクの火は普通消してはいけないもんですが、次男坊は2歳という短い人生を終わらせたいのか、必死で消そうとします。どうやら誕生日と勘違いしているみたいです。

      そして、巻き過ぎで腱鞘炎にならないよう右手首、肘に煙を掛け、帰ろうとすると、



      虹が。

      正月早々、なんて運がいいんでしょうか。これでロクマル決定です。もうこのフレーズは3回目ですが、3度目の正直にしたいです。


      1月3日は夕方から海遊館に行きました。
      到着後、ショッピングモールを物色し外にでると、




      すっかり日が沈み、見事なイルミネーションが鮮やかに輝いていました。
      早速、海遊館の中に入ると、





      すっかり夜モード。カワウソさんです。





      アシカもヒョ―ドルにパウンドされすっかりKOされてました。

      ウソです。ぐっすりおねむです。








      夜の海遊館は、昼間とは一味違ってとても幻想的な世界が広がっていました。





      何年か前にブレイクしたクマノミ。





      辰年にかけ、タツノオトシゴが特別に展示されていました。





      最後に巨大なツリーが見送ってくれました。


      そして、最終の1月4日。1.4 東京ドーム レッスルキングダムやTHE HIT 新年一回目菊さんひとり旅がOAされるそんな特別な日。なんと私の37回目の誕生日でもあるんです。
      ちなみに、同じ誕生日の有名人は、丹古母鬼馬二さんです。めちゃ、微妙な感じです。





      誕生日ということで、好きなことしてもいいよという妻の計らいにより、一休寝屋川店に行ってきました。
      目的の物が年始SALEで安くなっていると思いきやSALE対象外だった為、一時間ほど物色した後、別の店で前から目をつけていたこいつを思い切って購入。





      サトシンさんプロデュース“イナーシャ”です。ハンドル長92mmと長く、ノブもEVA丸型で、3本の指でしっかりホールドできるのでパワーも伝わりやすく巻物には最高です。





      そして夕食は、前から妻と久々に行こうと言っていた川西の大紀水産に。写真は本マグロのカマトロという握りです。めちゃうまでした。
      ちなみに、長男が最近マグロの握りが大好物なので中トロを食わせましたが、脂っこすぎてえづいていました。
      やっぱり赤身のマグロがいいと呟く息子には可哀想なことをしましたが、親にとってはとても嬉しい発見でした。金銭的にやさしくてとてもいい子です(笑


      さあ、次はいつ釣りに行けるのか。
      準備はある程度整っていますが、時間が定まりません。今度の連休が狙い目ですが、どうなるやら。


      2012。

      0
         「謹賀新年」





        明けましておめでとう御座います。

        本年も宜しくお願い致します。

        2011。

        0
           

          ようやく掃除が終わり、パソコンの前に座ることが出来ました。
          皆さんは空港24時を見られて大爆笑しているのでしょうか?私は録画しているので、年明けにでも見て、初笑いしてやろうと目論んでいます。
          今年は最後の最後にものまね王座決定戦の神無月で、今年最大の大笑いをさせてもらいました。
          特にあの馳浩の瞬きは堪りません。それと、あのアンドレ・・・・・Mr.高橋がチェックにくる幻影が見えるくらい似てました。

          と、マニアックな話は置いといて、今年、釣りに関してはとても充実した一年でした。
          一番の出来事と言えばやっぱり・・・・・・



          この58僉B里凌弔ら痺れました。36歳、年甲斐もなくマザーレイクのど真ん中で雄叫びを上げ、20代の若者と手を叩いて喜びました。
          そして、この一匹からどっぷり琵琶湖にはまってしまいました。


          それと、初コメントの方がおられて、以外にもこのブログが読まれているんだな〜と実感しました。
          ほんま、ちょっと下手なこと書けんな〜と思ってしまいますけど、来年も多分、今まで通り自分が書きたいことを書いていると思います。


          ほんと、今年もいろんな方と出会い、その方々のおかげで多くの事を学ばせて頂きました。
          この大事な繋がりを、今後もより一層太く繋げて行きたいので、グラン浜田並みに小さいおっさんですが、来年も引き続きお付き合い下さいますよう宜しくお願い致します。

          それでは、皆さん良いお年を!









          クリスマスプレゼント。

          0
             天皇誕生日くらいから急に冷え込みましたね〜。
            ここ2週間、ブログ放置状態でしたが、別にサボっていた訳ではなく、ただ単にこの寒波のおかげで釣りに行っていないだけなんです。

            月に一度しか丸一日釣りに行けない私は、ちょっとでも上手くなりたい一心で、土日の朝、息子達が寝ている間に、近所のフィールドへ通うようにしていました。
            が、最近、日出が遅くなり釣行時間も短くなって、更に追い打ちをかけるようなこの寒波。こうなると朝の時間帯で釣れる気がしなく、流石に足が遠のいてしまいます。

            と言っても釣り生活から離れていた訳でもなく、今度いつ行けるか解らない釣行の為に、新たなる補強をしておりました。
            ジャーク用ロッドとして以前スーパーレーザーショットを購入しましたが、シャッドやポッパー、ダウンショットなどのライトリグ系は抜群に使いやすいですが、ルドラやフェイスクラスの中〜大型のジャークベイトとなると、パワー不足は否めず、以前からお金の都合と中古品で出物があれば、専用ロッドの購入を考えていました。


            で今回、クリスマスということで妻にゴマをすりまくり、半額負担ということで交渉が成立いたしました。






            結果、マニピュレーターを購入しましたが、正直めちゃ迷いました。

            ヘラクレスファンならお解りだと思いますが、この手のロッドがマニピュレーターを含め、サトシンさんプロデュースのEGアクション、テクニカルアクションの3本がデリバリーされています。

            そして、この時ほんとたまたまですが、3本とも中古で出物を見つけてしまい、インプレや広告、触れられる物は実際に触りに行ったりして、自分なりにふるいにかけましたが、本気で自分に合う物を選ぼうと思うと、フィールドに行ってキャストせんと解りませんわね〜。と、いう結果に至ってしまいました。

            そんなことは、金持ちか菊さんとマブダチかテスターじゃない限り、3本の投げ比べなんて出来るわけがないので、出来ないんやったら、出来る人に聞いてみようと、大西君に電話しました。


            即答でした。大西君に迷惑が掛かるので細かくは書けませんが、汎用性があり、疲れないのが第一の理由でした。
            琵琶湖で何百投もしている人の話は、やはり説得力があり納得できるものでした。
            そして5分くらいですが近所の野池で試投し、こんなに違うものかと実感しました。モリゾーさんロッドは決して裏切りません。


            あと、来年に向けて小物ですが補強を少しづつしております。
            購入した時の喜びも堪りませんが、購入するまでの過程が辛抱堪りません。至福の時ってやつです。変態の域に達してます。


            さあ、次はm's企画さんでベアリングを購入や。

            ヴェロ。

            0
               



              いや〜、福くんが怪物に変身するシーンは圧巻ですね〜。最先端のCGには驚愕しっぱなしです。
              特に変身後のヘッドアタックは、あの天山広吉のダイビングヘッドバットを彷彿させるような破壊力を感じます。


              もう、お気づきでしょうが、ベロとヴェロのベタ過ぎるダジャレです。べた過ぎてすいません。
              杏のベラ役が唯一無二のハマり役なので、ついつい・・・・・。


              訳が分からん話は置いといて、昨日、市内で打合せがあったので、ついでに423号線沿いにある「リバース」に寄りました。
              ちょうどセール中だったらしく、このヴェロが6500円で売られていたので、あまりの安さに思わずリアクション、というか完全に喰わせれました(笑

              偏光は、奥のデフィとLOGOSのオーバーグラスを使い分けていましたが、デフィのラスターブラウンでは太陽の乱反射を眩しく感じていたので、もう少し抑えてくれそうなトゥルービュースポーツを買ってしまいました。


              あと、次元のTRACEかEXPLODEのイースグリーンが7000円台、もうひとつがミラーコートだったと思いますが13000円台、サイトマスターも5000円台で売ってましたよ。どれも美品だったのでお買い得だと思います。あくまでも中古品なので、気にならない方は絶対買いです!


              高田社長の紹介だったら、5分で売り切れだと思いますが、たしかセールが12月11日までだったと思いますんで、皆さんお早めに!


              記事が3回も飛んだんで、めっちゃ荒書きですいません。

              あらばま。

              0
                 「猪名川デカバスが、もしかしたら釣れるかも・・・・。」と思ったら、買っちゃいました。ブームにがっつり乗っかります。

                と、いうことで、日曜日猪名川に行ってきました。




                夜明けが遅くなりましたね〜。朝しかない私にとっては非常に痛い季節になってしまいました。釣行時間が激減します。



                約一時間の釣行の結果、見事にデコりました。アラバマをもってしても猪名川のデカバスは微笑んでくれません。と、いうかここにいません。

                アラバマですが、1/16のスイミングジグヘッドが欠品の為、ノガレスのローリングフラッシュジグヘッドを代用しましたが、こら駄目ですね。写真を見てわかる通り、ホールド力が弱すぎです。FINAのトレーラーフックがないと駄目です。
                一個でけ1/8スイミングジグヘッドを付けましたが、殆どずれてません。こうも違うかと思ってしまうほど如実に差がでました。

                それと、見た目通りラインが絡み易いです。特に、スピナベやビッグベイトと同様、着水前にサミングしてやらなければ絡みます。

                あと、根掛りですが、枝とかには絡んでないのでまだまだ調査不足ですが、テトラに掛ってもラインテンションを緩め沈めたら、自重があるせいか意外に外れました。


                まあ、折角買ったんで、色々試してやろうと思っております。ああ、琵琶湖に行きたい・・・・。

                冬の洗礼。

                0
                   


                  週末はいつもの如く朝だけの短時間ですが、土曜日は近所の池、日曜日はちょっと遠出し、山間部の野池に行ってきました。

                  結果は、倉田氏の如く惨敗。スモラバのフォール中、C-4シュリンプにキスバイトがあったのみ。おそらくそれも、ギルガメ(ふーみん風)バイトだと思いますわ。


                  なんか、冬は琵琶湖でしか釣れんような気がしてしゃーないです。




                  それにしても、池田市民としては市長選が非常に気になります。どうなるんでしょうかね。

                  OKガイド。

                  0


                     20日の日曜日、公言通りどろんさんと一緒にOKガイドに行ってまいりました。

                    心配していた豪雨は前日に止み、川からの流入による濁りは気になりましたが、曇りがちですし、気温も「前日よりも結構温いですね〜。」なんてどろんさんと言いながら、楽勝ムードで準備をしていました。

                    すると、大西君が「今日は昼から爆風ですよ!」と突然の言葉に、私ら二人とも「ええッ!」
                    事前に調べた結果、全くそんな予報はされてなかったので、大西君の突然の言葉に半信半疑でスタートしました。

                    まず、最初は赤野井沖水深2〜3mのウィード面をバイブ高速巻きでリアクションバイトを狙います。
                    二人とも有り得ない速さで巻きまくりますが反応がないので、よりウィード面をタイトに攻める為、レンジを合わせやすいクランクベイトに変え、最大潜行深度でウィードにかする一瞬を狙います。
                    とにかく一瞬のチャンスを狙うので、数で確率を上げる為に、投げてまくって巻きまくります。

                    何回か投げている内に、いやでもウィードにかするタイミングが掴めてきます。
                    そろそろ最大潜行深度でかするな〜と思って巻いていると、もろウィードにスタックした感覚だったので、ロッドの反動で外してやろうと思い煽っていると、「ググッ!」と引き込む感覚が・・・・



                    (こちらの方がいい写真なので、どろんさんから勝手に拝借)






                    49僉2000g

                    Rod: ヘラクレス レッドマイスター 67 MHR
                    Reel: メタニウムMg
                    Line: バスザイル マジックハード 14lb
                    Lure: コンバットクランク 180 グロービーチ


                    中途半端な合わせだったので、皮一枚で上がったきた琴奨菊バス。大西君の巧みなタモ捌きのおかげで、一回バレたこのバスを拾ってくれました。ナイスアシストです。
                    しかし、こんな体型の49僂和召離侫ールドではなかなか出会えません。まだ、これ以上のバスが無数に潜んでいるのかと思うと、琵琶湖のポテンシャルの高さに魅了されてしまいます。

                    実は、OKガイドに来てこんな幸先いいスタートは初めてでした。そして、何故か解りませんがまた琵琶湖のデカバスを連れてきてくれたのはこのレッドマイスター。バーサタイルなロッドなんで、使用頻度も高いんですが、こうも琵琶湖で釣れちゃうと神がかり的なものを感じてしまいます。
                    まあこれで間違いなく私の1フェイバリットロッドになりましたけど、やはりモリゾーロッドは凄いということです。

                    しかし、幸先いいのも束の間。調子に乗って巻きまくりますが、パタッと反応が無くなります。魚探にはベイトが大量に写ってますが、バスがルアーを選んで喰っているということなので、ウィードにファーストタッチする一瞬をバスが好きなルアーでしか釣れないという確率の悪さです。しかし、来るとでかいです。

                    次にディープレンジを狙います。あまりにも反応が悪いので、バスに触る狙いで、アクティバ沖水深4m〜5mラインをシャッドの2ジャークで流して行きます。ドラッキングしながらジャークを入れるので、より深く潜らせ、ディープのウィードを攻略するという作戦です。
                    私はシャッドでこんな攻めをするのは初めてだったので、大西君に教わりながらジャークしましたが、バックシートでは、どろんさんが非常に小気味よくジャーキングされてました。
                    大西君もそれを見て感心するぐらい、完成されたフォルムです。改めてどろんさんの凄さに感心してしまいました。


                    そんなことを思いながらジャークしていると、




                    こんなおちびが単発で釣れてきます。ウィードかなにか解りません。

                    そして大西君の予想通り、昼に近付くにつれ強風から爆風もモードに変わります。
                    次々に他のボートはマリーナへ帰って行きます。我々も、当初は湖上で昼食を取る予定でしたが、一旦リセットする為、マリーナに戻り昼食をとります。

                    他のガイドさんも戻っていて、森田プロは午前中で撤退。関根プロは大西君と相談しながらなんとか出発。大仲プロは帰ってきてませんでした。あとで大仲プロのブログを確認しましたが、どうやら北湖攻めをされてたようです。

                    そして我々も出発です。次は超定番スポット、山ノ下湾沖のメインチャンネルをウルトラスレッジで狙います。しかし、爆風及び濁りのせいで、なんとか小バスが喰っても直ぐにばれてしまうような激渋状態です。
                    何回もボートポジションを立て直しラインを流しますが、反応が悪く移動。

                    そして、4本柱からアクティバ沖のディープに移動ししばらく流しますが、




                    この強風と、その影響で底荒れし激濁りでエリアは壊滅状態。
                    強風を避けるため風裏エリアのアクティバ前へ避難します。このエリアはシャローなので、スースレにチェンジです。
                    ディープと同様、ドラッキングで流しますが、どろんさんにポロりポロり小バスが反応するぐらいで、でかバスの反応は全くありません。
                    更に風は強まって行き、とうとう関根プロもマリーナへ帰って行きます。気が付くと周りは日曜日の琵琶湖とは思えないぐらいボートの姿が無くなってました。

                    しかも、我々のボートも徐々に沖に流されていきます。そこで、シャッドはやめクランクで心中する覚悟を決めて、カスカベル、コンクラ400、480と品を変え巻きまくりますが反応が全くありません。
                    大西君のラスト5投の宣言虚しくOKガイドは終了しました・・・・・・。




                    折角のOKガイドで結果的には非常に厳しいものとなりましたが、どろんさんもブログでおっしゃってる通り、ガイドへ行く度に新たな発見や勉強になることが多いので、また来たいと思ってしまいます。

                    ゴムボートで一人寡黙に攻めるのも確かに楽しいですが、レベルが高い方や、ゆんゆん君のような私とスタイルが似ている方との釣行は、いつも以上に得るものが多いですし、いつも以上に面白いです。やはり、上達するには他の人と行かないとダメですね〜。

                    まあ、次は大西君に冬のエリアを確認しましたんで、この経験を生かし真冬の琵琶湖をストイックに攻めましょうかね〜。どろんさんはやる気満々みたいなんで、ゆんゆん君も都合が合えば一緒に凍死しに行きましょう!





                    あ、それとですね〜、祝日は息子をはじめてバスフィッシングに釣れて行きました。
                    猪名川と比べ、まだ釣れる可能性がありそうないつもの野池に行きましたが、雨の影響と急激な冷え込みのせいで、いつも水面に溢れんばかりにいるギルの姿がありません。



                    とりあえず投げれないと駄目なんで、投げ方を教えますが、手首のスナップが出来ないのと、ロッドのグリップが長すぎてつっかえてしまい、どうもうまく投げれません。やっぱり子供用の短いロッドを買ってやらないと厳しいです。

                    足場のよい南側で一通り練習した後、ギルでもいいから一匹釣らしたかったので、北側へ移動します。

                    そして小バスキラ〜のバレットワッキーを投げますが、ギルの反応が悪過ぎです。
                    バレットを2儖未棒擇辰討覆鵑箸喰わせようとしますが、吸い込みきれず乗りません。その内、息子がつまらないソングを歌い出したので、撤収しました。
                    やはり、子供は爆釣しないと面白くないですよね〜(泣


                    まあ、バスを釣るにはもっと練習しないと難しいので、気持ちを持続させる意味でも、暫くはサビキに連れて行って、釣ることの楽しさを感じさせることに専念しようかなと思います。





                    それにしても、どろんさんてやっぱ凄い人ですわ〜。
                    腕もさることながら、しゃべりも面白いですし。どろんさんはどうかわかりませんが、今度、酒でも飲みながら夜通し釣りの話を聞きたいですわ。













                    明日は。

                    0
                       今日からBasser ALLSTAR CLASSIC 2011が始まりましたね〜。
                      現役プロから往年の名選手が参加する、正にオールスターの名に相応しいビッグトーナメント。昨年から我が神、菊さんも再参加され、益々おもしろみが濃くなった唯一無二のトーナメント。今年は誰が制するのか!
                      赤羽選手の4連覇か!菊さんの初制覇か!それとも菊さんの初優勝か!もしかして、菊さんの・・・
                      個人的な思い入れが強すぎました。




                      そんなビッグトーナメントが行われている中、私は明日マザーレイク琵琶湖に挑みます。
                      この時期、琵琶湖でクランク巻かずに何を巻く!って言うくらいにクランクを巻き倒し、ビッグバスを釣ってやりたいです。

                      しかも、今回は強力な助っ人が同船。
                      右手には、EGの若き新星大西健太君、左手にはジャークベイト、シャッドの操作は既に神の領域に達しているとも言われるどろんさんと、超強力な布陣で挑みます。
                      もう、ロクマルは確実です。って言うか、もう釣れた気でいます。(笑


                      さあ、明日はどんな結果になるんやろか。

                      いつもの如く撃沈するのか!

                      木戸 修が木戸クラッチで長州からフォール奪うよな意外な展開が待っているのか!(8人タッグやったら100%起こります。)


                      明日は、思いきり琵琶湖を堪能してきます!



                      猪名川&野池。

                      0
                         12日土曜日の朝、猪名川に行きました。勿論、先週のデカバスを狙いにです。
                        ここのデカバス君は超天才君。どうやってやっつけてやろうと考えた末、夜釣りを敢行しようと決断。
                        3時にインと計画を立てるが、やはり安生200%男寝坊。いや違った、案の定寝坊。目覚めたのは既に5時半。夜明けと共に出発です。オヤジプロレスギャグですいません。

                        いの一番にデカバスポイントへ。姿を見られないようポイント手前からスイムハスラー6をキャストします。
                        その後ルアーを優しくしていくが全然反応が無い。

                        徐々に下流へと下がって行きキャストするも無反応。厳し過ぎます。
                        そうこうしている間、時間も押し迫り、太陽もがっつり上がりました。

                        そして、一か八か、今まで行ったことのない浅瀬の下流側を攻めてみることに。

                        テトラのエッジを平行に引く為、初めてスノボを乗ったかのようにふらつきながらテトラの上に乗り、プロップマジックでテトラのエッジをスローに引くと、まさかの40オーバー2匹がチェイス。

                        しかし、最後まで追い切らず、私の姿を見つけると逃げるのかなと思いきや、私をガン見。
                        バスは興味津々で物を見る時、前掲姿勢をしますが、正にそれです。

                        時すでに遅しですが、私は悟られないよう、木にでもなったかの如く、動きを止めました。
                        多分その状態は30秒くらい続いたでしょうか。バス君も飽きて沖の方へ。
                        当然、フォローをいれましたが、釣れませんわね。

                        結構、この川の土手は人通りが多いんです。多分、何人も私が固まっている姿を見ていると思いますが、恐らくひとりだるまさんが転んだをしているおかしい子に見えたことでしょう。ほんとにその通りだから仕方がないですが・・・・。
                        それにしても、ルアーを見切り、その上人間に恥をかかせるとは、なんて天才なんでしょうか。
                        私には荷が重すぎます。



                        そして翌日の日曜日、妻と子供達は保育園のお友達とみかん狩りへ。
                        当然私はそんなチャンスを逃がす訳はなく、いつもの野池へGOです。

                        池の状態は、今まで池全体を覆っていた枯菱はほぼ消滅し、残った物は北風のせいでしょうか、南側に追いやられていました。
                        オープンとなった北側は、まだ青々と残っているフサモ、カナダモが生い茂り、その周囲にはギルや亀、鯉が悠々と泳いでいます。その中でもギルが多いエリアを探っていきます。

                        まず、ブザビーTGでやかましく探ります。小バスたちは恐ろしくて逃げて行きます。次は沖に投げます。藻をリーリングで切って行きますがダメです。

                        次にちょっとアピール力を弱め、ブレードジグ+シャッドインパクトでウィード間を抜いて行きますが、何も起こりません。
                        更にアピール力を押さえ、PDチョッパー+スイングインパクトを投げますがダメです。
                        更に、最近コンフィデンスルアーになりつつあるプロップマジックをスローに巻きますが、子バス君達が追い切れません。
                        次に食わせの間を持たせる為、ビーフリーズSP改を投げ軽くトゥイッチします。改と言っても、スローフローティングにしただけですが、全く突き上がってくれません。

                        もうダメです。最終兵器、バレット3inスローシンキングのワッキーでスローフォールさせます。



                        宮川大輔の100円ししゃもに匹敵するようなお豆ちゃんです。

                        更に・・・・・




                        連ちゃんモードです。この後、3匹追加です。時間も迫ってきたし、こばっちゃんはもういいので、猪名川へ移動します。


                        途中、麺野郎のつけ麺関脇をひっかけ、猪名川に到着。既に先行者が二人。最近アングラーがよく来るようになりました。
                        いいポイントは先に入られているので、下流側の浅瀬に行きます。時間帯が悪いだけに釣れる気がしませんでしたが、案の定です。
                        そしていつも小バスが溜まっている上流側へ移動。そこへいきなりバレット君を投下です。軽くシェイクしますが全然反応しません。バスがいるのか確認すると、小バスの群れがいましたが見向きもしてくれなかったみたいです。これは完全にお手上げなのでこれにて終了です。


                        いつもの野池ですが、外気温は25℃前後と長袖ではちょっと汗ばんでしまうくらい熱かったですが、水中は以外にも14℃と低く、子バスはちょっとでも新陳代謝を上げる為、表層に浮いていました。中には30儷くらいな奴もいてましたが、先に見つかってしまい逃げられてしまいました。

                        でかい奴等は、ここ最近何回も通っている中で、表層付近をうろついている姿など見たことがありません。居場所としてはウィードの中か、底か、池のど真ん中のサンクチュアリにいるかですが、まあサンクチュアリは手が出せないので、残りどちらかの攻めになります。
                        いつもウィード、底を攻める為、ヘビーロッドを持って行くのですが、いつも巻きもんでテンポよくサクサク探ってしまうので時間が来てしまい使わずじまいです。
                        これからは、まず条件が良くなることはないと思うので、フィーディングタイム以外、ボトムの釣りがメインになってくるのでしょう。次回は、ボトム縛りでやってみましょうかね。


                        さあ、今週末はOKガイドで琵琶湖出撃だ。最低でも一匹クランクで釣ってやろう!


                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        どうもです。

                        どんな記事がええんやろ

                        とりあえず・・・

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR