スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    荒行。

    0
       11月17日、琵琶湖と迷いましたが、豪雨と予報されているのにさすがに無謀すぎるので、吉川の野池へ行ってまいりました。





      まずは「ブラックステイン池」です。
      先日どろんさんがどでかい奴を仕留められたので、期待しての一発目です。
      が、この雨。徐々に強くなっている感じです。

      この雨で水温がどの程度変化しているか確認してみると、表面水温9℃と驚愕な数字が。
      先日どろんさんの釣行時はたしか14℃。一気にマイナス5℃とは、やる気を削がれます。

      どろんさんのパターンを参考に、中層レンジを攻めれるフェイスでポーズを長めに。



      かなりしつこく攻めてようやく一匹目。しかもググッと重たくなるようなアタリ。完全にコンディションが落ちています。

      次にジレンマスティープに交換しジックリボトムを攻めてみますが・・・・・・。全然駄目です。
      一旦場を休め、コンディションの変化を期待し次へ移動。



      「待ち合せの池」へ到着。雨もかなり強くなっています。様子を見ると排水管から大量の濁流が流れ込み、激濁り化しております。最悪です。





      粘って粘ってダルトで一匹。しかし後が続かず移動。




      「ブラックステイン」→「砂じゃりの池」→「ブラックステイン」の順で頑張りましたが、



      このちび一匹を絞り出すのが限度。冷たい雨に打たれ心も体も限界になり帰路につきました。


      そして家族で晩飯を食べた後、ブンブンのイベントへ。
      前から買おうと思っていた「琵琶湖365日冬編」をこの機に購入。








      ちゃっかり子供達と写真を取ってもらいました。ついでにサインも。ミーハーでやんす。
      しかも、子供達の相手をしてくれたりといいにいちゃんでした、キムケンさん。
      冷えた体がちょっとHOTになりました。キムケンさん有難う御座いました。



       《琵琶湖》 
                           
        〜40センチ:55匹
      40〜50センチ: 7匹
      50〜60センチ: 1匹
      60センチ〜  : 0匹
      ============
         計      63匹  
         《野池・川》
        〜40センチ: 3匹
      40〜50センチ: 1匹
      50〜60センチ: 0匹
      60センチ〜  : 0匹
      ============
         計      4匹  
         《リザーバー》
        〜40センチ: 0匹
      40〜50センチ: 0匹
      50〜60センチ: 0匹
      60センチ〜  : 0匹
      ============
         計      0匹







      デビューはほろにがく。

      0
         皆様、如何お過ごしでしょうか。176日ぶりの更新で御座います。おもいっきしサボっていましたです。ハイ。
        仕事を変えたせいで、時間的にも精神的にもつらく、なかなか更新できないでいました。ようやく仕事も落ち着き、そろそろ再開しようと、重い腰をようやくあげました。

        と、色々いいながらもちょっかり釣りには出かけていまして。これをやめてしまったら、死ぬとの一緒なので、これだけはやめれません。「止まったら死ぬんじゃ〜」の寛平じいさんと同じ原理です。

        さて、前の記事が半年以上前の話ですが、その続きから書いていきます。



        実は、ついにJrを琵琶湖デビューさせました!お父さんは頑張りました。どんなにこの日を夢見たことか。いざ、出撃でっす!

        まずはJrに一匹釣ってもらう為に、もっとも手堅いシャッドドラッキングをやらせて、私はジャーキングでミオ筋を攻めます。

        例のシャロ―ストレッチを攻めていると、Jrが全く喋りません。顔色もみるみる土色に変わっていきます。
        「気持ち悪い・・・・・。」
        いち早くデビューさせたい一心で、すっかりJrが乗り物酔いすることを忘れていました。

        ここから、折角琵琶湖に来て10分もたっていないのにもう終了?しかし、Jrが死にかけているという葛藤と闘いながら、意地のジャーク。




        なんとか一匹釣って帰路につきました。
        はあ、なにをしていることやら。私のせいでJrにとってほろにがデビューとなってしまいました。
        Jr、すまん!次は、酔い止め薬をたらふく飲ましてやるからな。

        そして、この歯がゆさを解消できず、妻に頼み込んで、次の日も強引に琵琶湖へ。




        なんとかこの一匹を釣りあげて撃沈。偶然にも湖上でどろんさんと会うサプライズもありましたが、またしても琵琶湖の洗礼を受けちゃいました。

        駄目すぎですな。




         《琵琶湖》 
                             
          〜40センチ:55匹
        40〜50センチ: 7匹
        50〜60センチ: 1匹
        60センチ〜  : 0匹
        ============
           計      63匹  
           《野池・川》
          〜40センチ: 1匹
        40〜50センチ: 1匹
        50〜60センチ: 0匹
        60センチ〜  : 0匹
        ============
           計      2匹  
           《リザーバー》
          〜40センチ: 0匹
        40〜50センチ: 0匹
        50〜60センチ: 0匹
        60センチ〜  : 0匹
        ============
           計      0匹




        快晴の琵琶湖。

        0




          5月19日、急遽休みが取れたので琵琶湖へ行ってきました。
          先日、どろんさんとの釣行時に発見した新たな昇降場から出発です。
          今回は晴天無風という事もあり、前回のラスト、どろんさんのパワフルジャークに心を打たれ、シャロ―をジャークで攻める計画です。

          取り合えず保険として、前回好調だったジレンマスティープくんをドラッキングすると、




          開始早々47UP君です。幸先よろしです。








          立て続けに、おちびちゃんです。相変わらず釣れます。


          近くのシャローストレッチに到着。浜ミノー86Fで食い上げさせます。



          ブレイクから食い上げてきました。ここでバスの状態を見る為、サイドステップにチェンジしますが、ぱったり食わなくなります。次に阿修羅マンFに変えますが駄目です。そして次にビジョンワンテンHI−Fに変えしばらくすると、



          食いました。当りが無くなったんで、また展開を戻して



          ジレンマで一匹。







          ビーフリーズLB







          スレッジ。



          ウルスレでハス?






















          ようやく40UP!





          強烈なバイトでしたが・・・・



          この立派な体形!間違いなく50UPやと思ったら46僂1500g。




          琵琶湖のバスはこういう体型尻切れバスが多い。







          スティープ万歳!


          最後に朝入ったシャロ―を再度浜ミノー86Fで攻めると









          浜ミノ―連発。今日のバスの状態には、ある程度潜行深度あるスローフローティングの浜ミノ―が爆発しました。



          ジャークベイトのバスは全部このストレッチで釣りました。BIGサイズが混ざれば最高のハニースポットになりそうです。そして、夕方から飲み会があるのでこれにて終了。

          しかし、ボート昇降場所で最後にハプニングが・・・・。助けてくれた方、この場借りて本当に申し訳ありませんでした。ほんとにダサダサでした。


          今回の琵琶湖は、今までに無い位とにかくベイトが豊富で魚探にベイトボールが映りまくりでしたが、そこにルアーを通せば必ず釣れるという訳でもなく、いつもより鉄板パターンが通用しなくなってきている印象を受けました。
          まあ、土曜日の人の多さプラス、殆どの方が1m〜4mレンジを狙っておられたので、余計にプレッシャーが掛り、おまけに晴天無風のコンディション。見事なくらいウィードが生えてない沖は誰も攻めてませんでした。

          そんな中、普通なら釣れなくて当然なんですが、ジャークベイトってそんな状況でも食い上げさせる力を持ったルアーなんだと再認識させられました。正直ジャークベイトでここまで釣ったことなかったんで驚きました。
          というか、浜ミノーが潜在能力が凄過ぎでした。これでもう少し飛距離が出たら完璧ですよこのルアーは。

          初めて村上さんのことを、スゲ〜って思った一日でした。




           《琵琶湖》 
                               
            〜40センチ:53匹
          40〜50センチ: 7匹
          50〜60センチ: 1匹
          60センチ〜  : 0匹
          ============
             計      61匹  
             《野池・川》
            〜40センチ: 1匹
          40〜50センチ: 1匹
          50〜60センチ: 0匹
          60センチ〜  : 0匹
          ============
             計      2匹  
             《リザーバー》
            〜40センチ: 0匹
          40〜50センチ: 0匹
          50〜60センチ: 0匹
          60センチ〜  : 0匹
          ============
             計      0匹






          大西健太ガイド。

          0

             
            ずいぶん前ですが、4月30日OKガイドに行って参りました。アークからの風景。いつ見ても心が沸き立ちます。



            寝ぐせで登場の大西君。会って早々突っ込みましたが、ガイド業が忙しすぎてそんなことはかまってられない感じでした。

            そして今回のメンバーは、琵琶湖の楽しさを教えてくれたゆんゆん君と、それを伝えハマってくれたどろんさんです。ゆんゆん君とどろんさんは初顔合わせなんでちょっと心配してたんですが、そんな心配は要らぬほど、和やかにおしゃべりしてはったんで、ほっとしました。




            それにしても、ロッド多すぎ。大半は私ですが、18本積むのはOKガイド初らしいです。


            さあ、ビッグママを狙いに出発です。まずは、たしか下物の2〜3mエリアから?だったと思います。
            この日の天候は、巻物日和の曇り&弱風なんでとりあえず巻物ということで、ブレードジグを巻き倒します。

            しばらく頑張りますが、全くの無反応。場所を移動し、北山田周辺でコンクラ400を大遠投、早巻きでリアクションバスを狙います。


            やっと来ました。51.5僂里屬螢丱垢舛磴鵑任后H琶湖のクランキングは、ウィードからバスを引き出す為に、大遠投&早巻きが命です!



            実はこいつが一番うれしかった、キックバッカーでの40UP!

            そして風が止んだ展開でライテキにチェンジ。開始早々ゆんゆんくんが一発!40UP!
            彼は底取りがうまい!続くどろんさんにもヒット!もう1人、底取りがうまい人がいました。

            私はというと、スコDCのくせして、糸巻き量が多すぎバックラッシュ連発!お恥ずかしい話ですが、しかし、それが功を奏して、







            49僂里任屬任屬舛磴鵑任后7覯魅ーラいです。





            キッカーバグ丸呑みです。なんせ、かなり放置してましたから(笑
            久しぶりのオエオエ棒使用で事なき得ました。





            ラスト巻きに徹しましたが、あえなく撃沈!そして、マザーレイク琵琶湖を後にしました。


            ここ何回かは巻物日和に恵まれたんですが、毎回不完全燃焼に終わり、なんでこうもBIGバスが釣れないんでしょうか。う〜ん、やはり、エリア、時間、運などすべてが揃わないとロクマルはなかなか釣れませんね〜。
            そういう意味でも、サトシンさんのクランクでのあの釣果。神がかり的なものを感じてしまいます。



            さて、話は変わり、おまけとしてゴールデンウィーク最終日、どろんさんに教えてもらった池で息子とコラボしました。

            先日購入したdepsのエントリーモデルのデビュー及び息子のベイトデビューです。





            取りあえず一番に使用頻度が多い、サイドハンドを教えました。最初は足元に落ちていたルアーも、30分後には10mくらい飛んでました。子供の順応力にはいつも驚かされます。

            そしていっちょ前にルアーを交換してくれと言い放ちました。あまりの感激に、ワイルドハンチを付けてあげました。しかも「このルアー釣れそう!」と一言。第二のもりぞー、B・A・S・S参加決定ですな。


            なんとか一匹釣って、父親の面目も保ちましたし、(プロップマジック様々です。)





            息子たちとの記念撮影。なんやかんやで有意義なゴールデンウィークを過ごせました。

            次は、息子を琵琶湖デビューさせます。時は熟した!



             《琵琶湖》 
                                 
              〜40センチ:30匹
            40〜50センチ: 4匹
            50〜60センチ: 1匹
            60センチ〜  : 0匹
            ============
               計     35匹  
               《野池・川》
              〜40センチ: 1匹
            40〜50センチ: 1匹
            50〜60センチ: 0匹
            60センチ〜  : 0匹
            ============
               計      2匹  
               《リザーバー》
              〜40センチ: 0匹
            40〜50センチ: 0匹
            50〜60センチ: 0匹
            60センチ〜  : 0匹
            ============
               計      0匹



             


            ゴールデンウィーク前

            0
               久々の更新です。しかも、ゴールデンウィーク前のネタです。はい。

              時期外れの転職をしたせいで、ゴールデンウィーク明けからバタバタでくたびれておりますが、一応、釣りには行っていたので、釣果記録を残す為にも軽めに更新。
              内容は日数が経っている為、あまり覚えていませんので、雑な作りになりますがゆるしたってください。

              4月26日、どろんさんと琵琶湖に行ってきました。マイボート”牛殺し”号での出撃でッす。
              春のプリバス狙いですが、関係なしにいつものパターン、私は巻きでどろんさんはシャクリーのです。

              開始早々、ハニーリーズでどろんさんが阿修羅まん怒り(スペック2)で一発だします。俄然やる気が出て巻きまくりますが、全然きません。天候的には巻物爆発しそうな荒れ具合なんですが・・・・。

              どろんさんは快調にシャッドドラッキングパターンで釣っていくので、私も触りたくなり、どろんさんのアドバイスでジレンマスティープをしゃくります。


              瞬殺です。ヒクソン道場に殴りこんだ安生を思い出します。




              ポコポコ釣れます。サイズUP狙いで、DDスクワレル79にチェンジ。



              期待通りの40UPです。

              強風になったきたので、港内に入り休憩。飯を食って出発。防波堤内のブレイクで、




              強引に巻物で絞り出しました。LVGP200いいっす。キンクロは琵琶湖に強い!

              バイトがないのでまたジレンマに戻すと



              ロッドがあまり使わないMLなので、引きはロクマル並みです(笑









              スースレにチェンジ。
















              またジレンマにチェンジ。






              この日のベストルアー、スクワレル!サイズUP。



              エリアを変え、何とか巻物で絞りだしました。



              巻き物は悲しいぐらいに単発で、またまた寂しくなりシャッドパターン。




              ラストに40UP。








              最後はプリメスちゃんでした。


              締めはどろんさんのサイドステップ40UP二連発!にて終了。

              改めてシャッドの強さを感じた一日でした。寂しくなったらこのパターン。琵琶湖の鉄板です。

              後、エバーグリーンさんには悪いですが、スースレ、ウルスレじゃ無くても釣れます。


              そして第2R、大西ガイドへ続く・・・・・




                 《琵琶湖》 
                                   
                〜40センチ:30匹
              40〜50センチ: 2匹
              50〜60センチ: 0匹
              60センチ〜  : 0匹
              ============
                 計     32匹  

                 《野池・川》

                〜40センチ: 0匹
              40〜50センチ: 1匹
              50〜60センチ: 0匹
              60センチ〜  : 0匹
              ============
                 計      1匹  

                 《リザーバー》

                〜40センチ: 0匹
              40〜50センチ: 0匹
              50〜60センチ: 0匹
              60センチ〜  : 0匹
              ============
                 計      0匹




              マーディーハスラー。

              0
                 





                実はdepswebメンバーにこっそり応募しておりました。

                なんかおもろそーやな〜っと軽い気持ちで入会しましたが、なんのなんの。これがなかなかイイ。

                子持ちバサーの心をくすぐる商品ばかり。子供用の偏光なんか手頃な値段で販売するから即ゲト。
                亀田のボディーブロー並みに、じわじわと私の物欲を刺激します。ほんま、奥村さんよう考えてはりますわー。

                そして今日は、エントリーモデルを手に入れるべく、京都まで走るつもりです。ってか走ります(笑


                ほんま、親ばか丸出しですな。

                やっと。

                0
                   プライベートでごたごたしていてロクに更新できずにいますが、

                  昨日、夕方15分くらいだけ、いつもの野池に行ってきました。

                  唯一あるバンク沿いをD-ZONE FRYで攻めると、





                  念願の40UP!

                  通い込んでおおよそ一年。やっとまともなサイズが釣れました。

                  なんか今年は好調ですわ!



                     《琵琶湖》 
                                       
                    〜40センチ:7匹
                  40〜50センチ:0匹
                  50〜60センチ:0匹
                  60センチ〜  :0匹
                  ============
                     計     7匹  

                     《野池・川》

                    〜40センチ:0匹
                  40〜50センチ:1匹
                  50〜60センチ:0匹
                  60センチ〜  :0匹
                  ============
                     計     1匹  

                     《リザーバー》

                    〜40センチ:0匹
                  40〜50センチ:0匹
                  50〜60センチ:0匹
                  60センチ〜  :0匹
                  ============
                     計     0匹

                  釣りビジョン。

                  0



                    釣りビジョンBS開局ということで、 とうとう我が家でも釣りビジョンが観れるようになりました。
                    様々なバスプロの釣りが観れるので、それだけでも至福の時を過ごす時間が増えたんですが・・・・・・
                    いったいこの番組の主旨はなんなんやろ。彼が何を言いたいのかさっぱり解らんし、番組中の彼の説明も何を言っているのか・・・。
                    JBで輝かしい成績を残し、優勝もしていて才能も素晴らしいものを持っていると思うけど、この番組はひど過ぎるな〜。私が言うのもあれですが、彼のイメージがますます下降していきそうな気がする。

                    艶かしい。

                    0


                       
                      久々にぶんぶんに寄ったらこいつを見つけてしまった。

                      ほんまはSALE品のDT-16を買おうと思たのに・・・・・・。

                      こやつのこの艶かしいカラーがどストライクで、金欠の財布を更に金欠へと追い込む羽目に。



                      それにしても、艶かしい。このカラーに関しては芸術性まで感じてしまう。

                      久々に惚れてもうたカラー。ブラックアバロンプロブルー。



                      もう、やめて。昼飯代が無くなってまう・・・・・

                      初釣り。

                      0

                         


                        1月9日、今年初釣りは、聖なる琵琶湖へ行ってきました。

                        前日、イオンモール伊丹昆陽のバーゲンに駆り出され、24:00まで子供たちは寝ず、それから釣りの用意をして寝たのが1:30ごろ。当然、朝は起きれず





                        やっとこさボートの用意が整って時計を見たら、既に10時。超遅すぎです。
                        この日の琵琶湖は意外と暖かったので、この時点で汗をかきクタクタです。体力の限界千代の富士の5歩手前ぐらいでした。
                        ほんと、ゴムボートの段取りはいつもしんどくて、どうにかならんもんかと思ってしまいます。


                        さあ、準備も出来たところで、我が”BAD INTENTIONS号”2012年度初出航です。マジックキラーでやられ役の井上亘を葬るかのごとく、琵琶湖に挑みます。


                        今回の戦略はこの時間からだと、ゴムボートの機動力では北は名鉄、南はアクティバぐらいまでが精一杯なので、その範囲を先日テトラさんからアドバイスを頂いた通り、ちょっとでも水温が高いメインチャンネルを軸に、ウィードとベイトが絡むエリアを巻物で拾っていく戦略です。


                        先ずは、山ノ下湾2〜4mラインを探ります。水温は7.8℃と前情報で確認していた8℃前後をキープし、どうやらここ数日間は水温は安定しているみたいです。
                        ウィードは疎らに生えていますが、まったくベイトが写りません。とりあえず、ブリッツEXーDRで巻きますが無反応。


                        次に、山ノ下湾沖の4〜5mチャンネルラインを探ります。すると水温が8.1℃!
                        やはり、北湖の水が流れてくるルートは水温が高いです。ですが、ベイトが全く魚探に写りません。同じようにブリッツEX−DRを巻きますがやはり無反応。
                        アクティバ沖に船団が見えますが、うしろ髪をひかれる思いで、情報を信じ水温の高そうな北側の名鉄エリアへ向かいます。


                        名鉄エリア4〜5mラインを確認すると、たしかに水温が8.3℃と高いですが、底は全くと言っていいほどウィードが無く、当然ベイトも写りません。エリアを見切り、4本柱へ移動。


                        4本柱も水温8.1℃と高く、クランクを巻きますがやっぱり無反応。
                        ここでやっとベイトが写りますが、ベイトの位置が底ベタです。そこでダウンショット7g+C−4シュリンプを投下します。超スローでズル引きしますが一向に食いません。


                        次に、4本柱からアクティバ沖まクランクで流します。前回大西ガイドで攻めたエリアです。
                        山ノ下湾より南なのに水温は何故か8.2℃。
                        水深4m前後でウィードがまばらに生えておりベイトもちらほらと、とても単発ですが写ります。
                        ここもコンクラ400、アラバマで巻き倒しますが、かすりもしません。昼の12時を廻ったので昼食をとります。


                        やはり、水温がちょっとでも高く、ウィードがあるエリアにはベイトが写りますが、あまりにも単発かつその範囲も小さいので、非常にポイントを絞りにくい。
                        しかも、私の魚探は200kHzなので、水深4mの場合、範囲は直径で1.7mくらいしか探知しません。自分が乗っているボートの長さは3mなので、ちょっとでも旋回したり風で流されたりすると、もうわからなくなります。
                        魚探に写ったベイトの群れに確実にルアー通す方法とは・・・・・・


                        思いついたのはウルトラスレッジのドラッキングでした。


                        早速ウルトラスレッジ(イマカツシークレット)の2ジャーク&ポーズをドラッキングし4mラインを直撃します。






                        早速答えが出ました。極小ですが、今年の初バスです。始めてから3時間半。ようやくGETです。
                        それにしても、小さくて冷たい。尾びれが硬直してます。


                        更に




                        ちょっくらサイズUPです。やはりこの釣りはサイズが選べません。
                        周りの方がアラバマリグを投げる中、ひたすらシャクリまくります。しばらく流しますが、ベイトが写らなくなってきたので名鉄エリア移動します。


                        移動中、名鉄エリアに船団が見えます。周りはすべてバスボートですが、その中をゴムボートの私が割り込んでいきます。水深3〜4mエリアで、やはり北側は水温8.3℃と高めです。
                        丁度、船団に入りかけるくらいで、






                        30後半くん。またしてもサイズUPです。周りはアラバマ、あるいはジグヘッドで攻めている中、私だけが釣れています。サイズは小さいですが、橋本真也の垂直落下DDT並みの快感です。


                        更に









                        恐るべしウルトラスレッジです。
                        ここで私もサイズUPを狙うべくスレッジ7にチェンジしますが、全く反応が無くなります。


                        また元に戻すと





                        凄いですウルスレ。
                        うす暗くなってきたので時間を確認すると、既に4時半。やばいです。もうすぐ日が沈んでしまいます。急いで昇降場まで戻ります。



                        帰路中、どろんさんとの釣行時、マキラバでデカバスをばらしたエリアへ寄り道。






                        やはり雄琴温泉繁華街でした。ホットスポットということです。
                        気がつくと、浮いているのは私ひとりだけ。エレキフルスロットルで帰ります。






                        日が沈むと一気に冷え込みます。そんな中でもウェーディングする人がいるんですね〜。凄すぎますわ。今日の様子じゃ絶対釣れんやろと思いながら横切ります。





                        ようやく片づけが終わったのが6時半。辺りは真っ暗で、もう月が出ていました。琵琶湖バレイにかかっていた積雲がこちらにやってきて、強風になってきたのでさっさと帰りました。


                        初釣りで釣れたのはこれが初めてではないでしょうか。昼を過ぎてからは、サイズよりも先ず触ることを優先し、そのうちでかいのが混ぜればという思いでウルスレパターンをやった結果、あっさり釣れてしまったので、永遠4時間弱シャクリ通しました。
                        周囲の殆どの方はアラバマリグを投げていましたが全く釣れていなかったので、逆にそれもヒントになりました。食わす間を作れるSPシャッドが、シルエットともこの時期の琵琶バスに効きました。
                        OKガイドの時は、大西君に言われるがまましゃくってよく解っていませんでしたが、いざ自分で実践すると、広範囲を効率よくサーチ出来き シルエットもこの時期のメインベイトの氷魚にマッチしているので、この時期のストロングパターンだと思いました。やはり、プロガイドの方は偉大です。


                        それと、今日の菊さんブログでも、このウルスレパターンが紹介されてます。私より100倍解りやすく解説されてますので是非見てみてくだい。



                        今年は、私自身の年間釣果累計が知りたくなったので、どろんさんを真似して

                           《琵琶湖》 
                                             
                          〜40センチ:7匹
                        40〜50センチ:0匹
                        50〜60センチ:0匹
                        60センチ〜  :0匹
                        ============
                           計     7匹  

                           《野池・川》

                          〜40センチ:0匹
                        40〜50センチ:0匹
                        50〜60センチ:0匹
                        60センチ〜  :0匹
                        ============
                           計     0匹  

                           《リザーバー》

                          〜40センチ:0匹
                        40〜50センチ:0匹
                        50〜60センチ:0匹
                        60センチ〜  :0匹
                        ============
                           計     0匹 


                        釣果をつけていきます。



                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        どうもです。

                        どんな記事がええんやろ

                        とりあえず・・・

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR