スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.05.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    釣れない。

    0
       連日、みなさんからのBIGバス情報に誘惑されいてもたってもいられず、土日両日とも近場へ1時間ほど出撃しました。




      土曜日はジャンゴ池に。この日は朝から非常にいい感じの雨が降っていて、雰囲気は抜群。
      しかし、いつものバンク沿いにはネストを守る40くらいのオスバスが回遊。私を見て逃げて行きますが、しばらくすると戻ってきます。間違いなくベジテーションの下にネストがあるみたいです。

      それは無視して、無風でも構わず巻まくりますが、雨でもスポーン影響の方が強いのか無反応でやんす。
      あの手この手を使って反応を得ようとしますがダメなんで、水温も高い、低気圧、べた凪=トップかなと思い、まずは小手調べでジレンマポッパーをブラインドでショアライン攻めすると、10僂曚匹両バス君たちがわらわら群がってきました。
      これはイけると確信し、マッディハスラーを対岸まで大遠投。
      デットスティック後1アクション目で水面がモコっと割れるも乗らず、更にもう一発アタックしてくるも乗らず。あ〜勿体ない!
      それっきり反応が無くなるも、大遠投し過ぎで対岸の枝にマッディーハスラー引っ掛けロスト。う〜ん最悪。

      やる気がなくなったので、こんな写真を撮ってみました。冒頭のネストバス君です。








      真正面





      カメラを沈めても全く逃げず、逆に臨戦態勢でこちらに寄ってきました。まことに申し訳ありませんでした。



      そして日曜日は、マサルさんが私の五感を刺激しはるんでM川ダムっす。今回は釣果よりもポイントを把握する為、歩きまくりです。



      当然のことながら坊主でしたが、〇面ならではの光景。思わず写真撮ってしまいました。

      この後、帰路を猿だんご軍団にふさがれましたが、時間が無いので強行突破を決行したら、逆に猿達がどいてくれました。恐る恐る猿達の横を通ると、これほんとですよ。白毛の猿が!
      ホワイトモンキーでっす。写真撮ればと思いましたが、あの状況では恐ろしくて無理でした(泣

      以前、ここに来たとき、車に乗った老夫婦から白い猿がおるって聞いていたんですが、ほんまにおるなんて。滝のほうに現れたら、地元の方たちも喜ぶんでしょうけどね。

      まあ、そんなこんなで、マッディーハスラー中古ショップへ買いに行きますわ。



      G.W。

      0

        私のGW釣行のスケジュールは、2日に加西、3日は琵琶湖、4日は朝の一時間のみウィードジャングル池で、9連休にも関わらずほぼ2日間しか行けないとは、変態ばさーの私にとっては消化不良のGWでした。

        そんで2日は、主の池を筆頭に数か所周りましたが、完全なミッドスポーン状態に手も足もでず、いつものごとく撃沈。


        そして、この鬱憤をはらすかの如く3日は久々の琵琶湖にチャレンジです。
        今回はテトラさんのお誘いで、初めてお会いするOKBさんと私含めて3人でビワコマリンからレンタルボートで出撃。
        集合時間はマリーナに5時半でしたが、ここで変態の血が騒ぎ、前から行きたかったおかっぱりエリアの下調べとして3時くらいに乗り込んでしましました(笑

        まあ、こんな時間でも同じように琵琶湖に取りつかれた変態ばさーさんが数人おられて、物差しで測ったような等間隔でおかっぱりをされています。
        その中に、下調べしている時に某ブログで見つけたスーパーウーマンと呼ばれるバイブで60Upを筆頭に、デカバスを何本も上げてらっしゃる方も見つけ、ああ、このポイントで間違いないなと確信。

        今回は下調べという言い訳をしておいて、状況を把握する釣りをしながら、そのスーパーウーマンの釣りが気になって、暗闇の中よく目を凝らして様子を見ていると、なんと、バイブをスピニングで遠投していました。
        私の頭の中では、バイブ=ベイトという方程式がインプットされてるんで、理解しがたい釣りですが、女性ならではってやつなんでしょうか。それでも、40UPをばらしていたのが衝撃でした。

        そうこうしている間に時間は過ぎ、遅刻気味でマリーナに到着。
        テトラさんのブログでも公開してますが、3人とも大荷物で



        (左 テトラさん8本、真ん中 私8本、 右 OKBさん5本 計=23本 ギネス級でっす)
         
        こんな状態に。あらゆる状況を想定して荷物をまとめきれない私にとって、こんな所に2人も同胞がいてくれたなんて。妙に親近感を持ったのは私だけでしょうか?これで琵琶湖G・B・H結成です。

        という状態でスタートですが、ここで琵琶湖フィッシングで欠かせない魚探死亡が発覚。のっけからイヤーな感じでスタートとなりました。

        まず、テトラさんがクランクで状況把握されるので、私はテキサスで底の調査。こういうてっとり早く状況調査できるのが、多人数釣りの利点ですよね。正に、長州とマサ斉藤のハイジャックドライバーの如く素晴らしい連係プレーです。さらに、OKBさんも違うルアーをキャストされてました。流石心得てらっしゃる。WWEの反乱分子、シールドのトリプルパワーボムが決まった瞬間のようでした。



        話が脱線し過ぎですが、そんなこんなで移動中にジレンマスティープのドラッキングでまずは一匹。43儼でっす。
        そしてしばらくして、テトラさん本領発揮!クランクで40Upを2連発。言うまでもなく、私とOKBさんはクランクを投げまくり(笑
        ボートポジションを戻すため、移動中チャンスとばかりにドラッキング。



        またもや40UP君。これはこれで面白いんですが、テトラさんがクランクで釣ったの目の当りで見てるんで、クランクで頑張るんですが釣れません。

        そして午後になると北風が強くなり、テトラさんのボート操船も困難に。生命感もぱったりなくなり、私とテトラさんはバスに口を使わすため、テキサスとジグヘッドでちまちま探っていると、私の後ろで「来た!」という声が。OKBさんにヒット。ロッドの撓りとOKBさんのファイトの様子を見ると大物っぽい!そして上がってきたのは、この日の最大魚52僂裡藤腺團丱后
        あの針1本掛りを見ただけに、ネット係なった私はバスがネットに収まったとき「ヨシ!」と一緒に叫んじゃいました。

        それにしてもロングビルミノーでのこの一本は、全てを持って行かれた素晴らしい一本でした。「この一本で満足!」と言っておられたOKBさんでしたが、正にその通り。大きさもそうですが、何しろ釣り方が私も味わってみたいと思うほど渋かったですわ。OKBさん天晴です!



        あとは






        どろんさん、ドラッキング小バスフィーバーが始まりましたよ。小バスちゃん2匹追加で終了。
        魚探が使えないという状況で、最初はどうなることやらと思いましたが、結果、50Up1本、40UP4本、コバッチー2本で計7本とまずまずの釣果。この釣果と展開を考えると今回はかなり充実した釣行になりました。
        途中爆風になりながらも操船してくださったテトラさん、私の後ろで迷惑をかけたOKBさん、お疲れ様でした。めっちゃディープな話も聞けたんで、面白かったです。又、琵琶湖で一緒に釣らせてください!






        そして4日は、近場のジャンゴ池で



        TN60で小ばっちゃん1匹でした。いつもと違うスポットで釣れたんで、テキサスで探ってみたらなる程でした。
        野池は早くアフターになってくれないですかね。


        あ、それとですね〜、今週末やっと携帯をガラケーからスマホに変えます。これでやっとどろんさんからバカにされずに済みますわ(笑
        皆さん、なんか役立つアプリがあったら色々教えてください!



        2013年釣果結果


          〜40センチ: 9匹
        40〜50センチ: 5匹
        50〜60センチ: 0匹
        60センチ〜  : 0匹
        ============
           計      14匹



        うれしい一匹。

        0

           
          14日、みんなで淡路わいわいフィッシングに行ってきました。詳細は他の方がUPされてるんでそちらを見てもらうということで。
          釣果のほうは小バス2匹と奮いませんでしたが、何年ぶりかの淡路フィールドと、同趣味の方達とのトークでバスフィッシングを存分に堪能でき、心身ともにリフレッシュ出来ました。

          どろんさん、まっさん、ばんばんくん、もっちーくん、かなり面白かったのでまた一緒に連れてって下さいね。このメンバーで酒飲みながらバス談義でもしたいですな〜。その時は本当に月謝払ってどろん塾を開講してもらおうかな。どろんさんの話にはそれぐらいの価値があると思うのは私でけでしょうか?


          それで、21日は懲りもせずいつもの朝マック。前日、モッチーくんのやったりました47僖瓠璽襪杷海┐泙り、ここしかない池へ行くことに。途中、まっさんと合流し前日モッチーくんが釣ったダブルシャロー池で粘るも不発。



          まっさんと別れた後、帰路中何個か池を周りラストを待ち合せの池で締めることに。
          どろんさんに教えてもらったハニースポット、過去自分で釣ったエリア、テキサスズル引きで池を輪切りに探るも無反応。
          これだけ無反応だったらここしないないであろうと護岸下のリップラップを1m置きに丁寧にズル引き探っていくと、「ココッ」と待望のバイト。
          「ふんぬー!」と鬼フッキングするもすっぽ抜け。ひっさびさにリグったバイズクロー4.5が見事に食いちぎられていたので、フッキング率を上げる為に3.5にチェンジ。
          その後何回も同じポイントをズル引きしてもぱったりと反応が無くなったんで、目線を変えてクランクをトレースしたら、



          ちっさいけど、何とか引きずりだした一匹。無い知恵を絞り出して釣れた一匹は嬉しさ倍増でっす。
          しかも、今流行り?のRPM。あまりにもコストパフォーマンスに優れてらっしゃたので、購入してしまいました。
          スレないうちにイヴォークに変えると



          可愛すぎますが、2連ちゃんです。ここで時間が無くなったので終了。吉川インターへ向かいました。

          この日はいわゆる三寒四温でいう三寒に当ってしまい、朝の気温は6℃と一桁台。前日の雨は活性を上げる雨ではなく水温を下げ完全にバスの活性は下げた雨やったみたいです。
          そんな中、小さいながらでも絞りだしたこの子達は、自分の中では非常に価値のある魚になりました。
          たとえチビでも中身のある感動の一匹があるからバス釣りがやめれない。
          今週末からは大型連休。こういう意味のある感動の一匹に数多く出会いたいもんです。


          今回は坊主でも・・・。

          0


             
            WWEって面白いですね〜。日本のしょっぱいプロレスを観るよりよっぽどクオリティーが高く完成されてますな。
            最近のお気に入りレスラーはこのドスカラスの息子、アルベルト・デル・リオ!
            技の展開といい、動きといい切れがあり、超私好み。いいいですわ〜。

            と、コアな話はこれだけにしといて、昨日の日曜日、またいつものモーニングに行ってきました。
            結果はタイトル通りなんですが、釣果以外に嬉しいことがあったんでちょこっと書きます。



            まず、前回の味が忘れられずまたもや休憩小屋の池に。この前とは違い北風が吹きぬけ、その上強風。再び北側の護岸から攻めてみるものの今回はうんともすんとも言わず、池の真ん中でボイルが連発するのみ。キャストするもルアーも届かず、ブラックステイン、まむしの池を転々と移動するも釣れず。

            時間も迫り池も周れてあと一箇所が限界という所で、最後に選んだのが・・・・・



            池の名前忘れました(笑
            どろんさんに教えてもらった2段池。今回初めてなんですが、思ったより広め。時間が無いので、ポイントを絞りランガン。かすりもせず上の池も調べていると、下の池にいつの間にかバサーが。
            そうこうしているうちに時間も無くなり仕方なくトボトボ帰る道中で、そのバサーに声を掛け喋っていると、なんとまっさんでした。お互い「おおお〜〜〜」と言いながら握手。そこから色々お話やお互いの釣具を見せ合ったりなど、ちょっとほっこりした時間を過ごさせて頂きました。
            まっさん有難う御座いました。あの後見せて頂いたルアーで見事に49冂爐蕕譴襪箸蓮あのままついて行けばよかったです(笑

            さあ、今週末は久々の淡路島。皆さん、楽しみましょうね!

            さっそく、イヴォーク。

            0

               
              今日と昨日のいつのも朝のみ行ってきました。土曜日はちょっと足をのばし、休憩小屋の池へ。
              昨年、どろんさんと行った時とは違い、超満水のドクリアなっており、魚影も全く見えず坊主満開の予感が・・・・

              南側の護岸をしばらく攻めるが全く反応が無いので、ナビで反対側の護岸へ行ける道を探し、その護岸のショアラインのブレイク沿いをイヴォークでボトムノック。丁度足元付近でイヴォークの泳ぎを見ていると、ブレイクラインの深場から暗い影が狂ったようにもう突進。
              ビックリしリトリーブを止めてしまったら、迷わずボコ!






              ハンドランディングの際、フックが外れてしまい無理やり手を突っ込んですくいあげた45僂離侫.奪肇丱后A芦鵑離丱垢澆燭ぶりぶりです。危なかったですが最高の食い方でした。

              イヴォークの使い心地ですが、固定重心のくせしてコンバットクランクに匹敵するほどかっ飛びます。それと、ロッドにしっかりと振動が伝わるほどのウルトラハイピッチアクション。スローリトリーブでもしっかりアクションしてくれるので、このようなスポーン前の体力づくりをしている食い気満々バスのスイッチをいとも簡単にONにしてくれると思います。


              そして本日日曜日、またまたウィードジャンゴ―池に行きました。




              サイズダウンしたものの、またまたTN60ガッツリ食ってます。





              更に、今日は1投目。今年に入って全て同じポイントで釣ってます。まだ理由は解ってませんがよっぽど居心地がいいんでしょ〜ね〜。多分、来週も同じとこで釣れると思います。

              そしてその後、嫁はんのお婆ちゃんの見舞いに堺市へ行き、偶然見つけたタックルベリーで物色していたら、



              結構美品のLVGP200がこの値段。中古でこの値段は見たことなかったので流行り?のリアクションバイト。ついでにアイバムシジュニュあーも1袋100円だったのでバイト。今更ながらの夏の虫パターンの補充もばっちりです。


              今年はどーも巻物とオカダ・カズチカのレインメーカーが絶好調なんで、巻物に徹して極めてみよーかな。


              2013年釣果結果


                〜40センチ: 2匹
              40〜50センチ: 3匹
              50〜60センチ: 0匹
              60センチ〜  : 0匹
              ============
                 計        5匹

              EVOKE1.2。

              0

                 
                ようやくGETしたキムケン作のイヴォーク1.2。
                スリザーク、バスタークといい、キムケンが絡むデプスのルアーは出荷量が少なすぎて、手に入れるのにいつも難儀する。この辺の問題を第一に解決してほしいもんである、奥〇社長。

                最近菊元党からキムケン党に移行しつつある私ですが、このルアーコンセプトの一つにある、ピッチングによるアプローチのしやすさを試してみたく購入。

                基本藪漕ぎが好きな私。こういうルアーがあればかなりの戦力なるので、どれぐらいのロッドの振り幅でアキュラシーの高いキャストが出来るか試してみたいと思います。

                う〜ん、早くホライズンシャッドだして。

                ウィードジャンゴ池。

                0



                   今日も朝だけウィードジャンゴ池に行ってきました。先週釣ったポイントにTN60を投入すると、モソっと重たくなったと思ったら、




                  先週に引き続き40UP。43僂任靴拭






                  ガッツリ食って、食い気満々のバス。腹もパンパン。越冬で我慢してた分、エサ食いまくりです。

                  段々エー感じになってきましたね〜。バス釣り最高!

                  2013年釣果結果


                    〜40センチ: 1匹
                  40〜50センチ: 2匹
                  50〜60センチ: 0匹
                  60センチ〜  : 0匹
                  ============
                     計        3匹

                  初琵琶バス。

                  0


                     3月15日、どろんさんから琵琶湖お誘いメール来たので妻に交渉したところ、珍しくOKが出たので16日の土曜日、雄琴港のレンタルボートからどろんさん、ケンさん、もっちさんと私を含め、4名で出撃しました。

                    土曜日にも関わらず、名古屋バスフェスタの初日ということで、湖上は閑散としておりました。しかも、風もなくべた凪。水温も早朝の段階で9℃台と最低水温から2〜3℃も高くなっており、釣れなきゃおかしい状況です。





                    今年初ということで、もっちさんに激写してもらいました。

                    結論からいいますと、私が雄琴港内で交通事故的に釣れた39儼のみ。非常に厳しい釣果となりました。
                    心が折れるくらい魚探の反応が乏し過ぎでした。ベイト、ウィード量がキーとなる琵琶湖の釣りにとって、これは致命的。
                    しかも、機動力がエレキオンリーなんで、エンジン並にエリアの選択ができない分、ベイトの有無が非常に重要なんですわ。
                    今年の琵琶湖は昨年よりも厳しそうなんで、事前調査とエリア選択が重要になりそう。東岸も含め、新しいエリアを開拓しないと、釣果に繋がらなそうです。

                    そんなこんなで、どろんさん、けんさん、もっちさんお疲れ様でした。

                    特に、もっちさんにはご迷惑をお掛けしてすいませんでした。ほぼもっちさん無視の状態で操船してたんでかなり釣りにくかったと思いますが、どうしてももっちさんに釣ってほしい思いがあったんで、とりあえず釣れるパターンを探してました。次は、もう少し釣りやすくはなってると思うので、これに懲りずまた付き合ってくださいね。

                    それにしてもボート屋の親父さん、強烈キャラでしたね。オッチャン曰く普通に言ってるらしいですが、どう見てもどろんさんが怒られてるように見えましたもんね〜。私もめちゃ怒られたし。私は仕事上ああいう人に慣れてますが、初めての人はビビるか、キレて喧嘩になりそうですね〜。気はええ人なんですけど。まあ、間違いなく雄琴の名物おやじですね。






                    そして20日の祝日は、最近私のモーニングセットである、待ち合わせの池、パラ4、ブラックステイン池周りをしました。バスも連日の高温でシャローに差してましたが、喰わすことが出来ず、いつもながら自分の下手さに心を打たれ帰路に着きました。



                    そんな中でも、前々から専用機がほしいと思っていたフロッグざぁおを購入したので試投してきました。
                    フロッグざおも最近のブームでメーカーから色々な機種がでてますが、色々考慮した結果、ブラックレーベルのFR701MHFBにしました。
                    最近、琵琶湖が主体となってるので、もうワンランクパワーのあるFR721HRBと迷いまいたが、今年は野池も攻めたいという思いもあり、おかっぱりでも操作しやすい方にしました。

                    使い心地ですが、比べるざおがディトネータしかないんでありきたりなことしか言えないんですが、ティップが入る分、ラインテンションも付け易いんでやっぱり操作しやすいでっす。
                    あとは、ティップとバットがPEの衝撃にどこまで耐えてくれるかですね〜。
                    琵琶湖のロクマリーノ、男爵ディーノ(書きたいだけ)を掛けたらぽきっとイッてまいそうなスメルがプンプンしますが、色々使い込んで様子を見てみます。

                    2013年釣果結果


                      〜40センチ: 1匹
                    40〜50センチ: 1匹
                    50〜60センチ: 0匹
                    60センチ〜  : 0匹
                    ============
                       計       2匹

                    初バスGET。

                    0



                      1月後半からほぼ休みなしの現場もようやく終わり、昨日久しぶりに「ウィードジャングル池」へ。
                      見えバスの逃げた方向にジンクス1/4を通してやると・・・




                      やっと初バスゲット。40ジャスト君、超感動。
                      この時期のバスはいつも以上に嬉しいもんですな〜。


                      それにしても、今日振替休日で久々琵琶湖へ行きましたが,今年の琵琶湖はきびしいです。今日も強風で釣りどころの話やない上に、魚探の反応乏しく、完全にバスのパターンをつかめませんでした。

                      駄目駄目過ぎですわ。

                      2013年釣果結果


                        〜40センチ: 0匹
                      40〜50センチ: 1匹
                      50〜60センチ: 0匹
                      60センチ〜  : 0匹
                      ============
                         計       1匹 


                      謹賀新年。

                      0


                         
                        皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
                        ブログもサボりっぱなしですが、極力更新していきますので、本年もお付き合い宜しくです。




                        昨年末の12月29日、釣り納めという事で、どろんさん、テトラさん、ばんばんさんと琵琶湖に出撃しました。結果は、釣果0、ルアー5個ロストという散々な結果になりましたが、皆さんとワイワイおしゃべりできて楽しい釣り納めとなりました。どろんさん、テトラさん、ばんばんさん、次回も宜しくお願いします。




                        そして、初釣りも琵琶湖に出撃。妻から、「釣りに行くなら2日にして」と1日の晩突然の発言に、皆さんに連絡する間もなく行ったのが間違いで、撃沈でした。釣れないうえ、琵琶湖恒例の暴風にあい、新年早々、冬の琵琶湖に行くのはもうやめようと思ってしまいました。



                        昨年の総括ですが、時期外れの転職で結構バタバタの一年でしたが、そんな中でも釣りにはちゃっかり行っており、メインは琵琶湖とホームの野池。






                        琵琶湖はブログ掲載以外25匹。チビのみですが。

                        そして、野池。今年ホームではかなり釣らしてもらいました。こちらもチビばっかりですが、掲載以外では55匹。








                        そして大半のバスは、琵琶湖はジレンマスティープドラッキング。野池はジレンマポッパー。小バス殺し炸裂でした。昨年はこのルアーに助けられました。
                        しかし、このルアーに頼りきったせいで、デカバス率は格段に減ってしまったので、今年はもう少し40UP以上が釣れるように工夫しようと思います。

                        それでは皆さん今年も後藤洋央紀の牛殺し好きなおっさんに付き合って頂くよう、お願いします。


                        2012年釣果結果

                        《琵琶湖》 
                                             
                          〜40センチ:80匹
                        40〜50センチ: 7匹
                        50〜60センチ: 1匹
                        60センチ〜  : 0匹
                        ============
                           計      88匹  
                           《野池・川》
                          〜40センチ:58匹
                        40〜50センチ: 1匹
                        50〜60センチ: 0匹
                        60センチ〜  : 0匹
                        ============
                           計      59匹  
                           《リザーバー》
                          〜40センチ: 0匹
                        40〜50センチ: 0匹
                        50〜60センチ: 0匹
                        60センチ〜  : 0匹
                        ============
                           計      0匹








                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>

                        どうもです。

                        どんな記事がええんやろ

                        とりあえず・・・

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR